--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/04/30

天皇賞(春)、歴史的名馬ここに名を刻む。

皆様こんばんは!そしてお久し振りでございます!

完全に更新をサボってました(笑)


いやぁ、それにしても今日の天皇賞は凄かったの一言ですね!日本の競馬史にまた新たな記録が刻まれた一戦でした。

キタサンブラックの強さには脱帽です。今後のレースでは1頭軸にします(笑)

私は正直、大阪杯を勝った時はまだ半信半疑でした。それが今日のレースで現役最強馬と言っても過言では無いと思います。

因みに馬券は当たりましたがいつものようにマイナスです(;´・ω・)


彼のこれまでのエピソードですが、真の競馬ファンやプロの馬券師様の方々はご存知かと思いますが、
他のSNS上でも話題になっている通り、父のブラックタイドはあの歴史的名馬のディープインパクトの兄。そのディープの暫く破られないであろうと言われていた3’13”4のレコードを0.9秒更新。

それまでのレコードホルダーのディープの主戦は武豊。これはドラマですね。

まだあります。キタサンブラックは距離適性についてこれまで色々と言われてきましたが、それは

BMSがあの名スプリンターのサクラバクシンオーであったからです。ここにもドラマがあります。

今日、4/30はサクラバクシンオーの命日です。

競馬はドラマティックな物だと思っていましたが、やはりこういう事ってあるんですね。


馬券に関しても今年のG1はサイン馬券が多いです。この前の霊長類最強のプロレスリングの吉田選手の時もそうでしたが、今日のキタサンブラックは馬番3番。枠の色が黒。2着に入ったシュヴァルグランが6番。まさにサブローです(笑)これはこじつけですが…。


キタサンブラックが未だに成長を続けているヒミツは調教にあると言われています。現在では他の調教師はほとんどやらない坂路3本追いで鍛えているとの事です。過去にそのハードな調教で強くなった馬がいます。それはあのミホノブルボンです。彼はその調教に耐えて皐月賞とダービーの二冠に輝きました。


こういった様々な背景があるのを知ると、改めて競馬は奥が深く、物語でもあるんだなって思います。

キタサンブラックはこの後どの様な歴史を刻んで行くのかとても楽しみです。オーナーのサブちゃんこと、北島三郎氏も秋のプランを考えているようなので、もし、凱旋門賞に出走したら日本の競馬史に新たな1ページが刻まれるかも知れまん。武騎手も、もしかしたらこの馬でとの思いもあるはず。

キタサンブラックにはこれからも無事で競馬の世界だけではなく、日本中の話題になってくれたらいいなと思います。

今日の反動がどうか出ませんように…。


余談ですが、今月の本業のスロットですがプラスで終われました!

番長3は甘いですね!

ScreenShot_20170430190658.png Screenshot_2017-04-30-19-03-49.png 


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。